免疫療法の主な仕組み

健康な人の体内においても日々癌細胞に関しては作り出されておりますが、健康な体による場合に関しては、体内における免疫が癌細胞の動きについて監視しながら、癌の発生や成長を防いでおります。したがって、免疫といわれるのは体に関する防御システムであり、そのシステムについては正常に働いていく限り癌は進行することはありません。ただし、何らかのきっかけによって免疫におけるバランスが崩れて、防御システムによる能力に関して低下してしまえば、癌細胞たちが増殖して癌といわれる病気は進行してしまいます。一度そうなってしまうと従来における防御システムでは癌において確実な攻撃をしていくことが出来なくなってしまうでしょう。そこで重要となってくるのが免疫力を強化していくことであり、免疫細胞を増やしながら、体内における免疫力を強化していくことによって、癌に関して確実な攻撃を仕掛けながらバランスを取り戻していく療法であり、これが免疫療法となります。

免疫療法に関する知識

ガンの治療方法には、外科治療、放射線治療、化学治療という治療法が存在して、ガンをなくしていたのですが、このがん治療の方法にはもう一つ方法が存在しており、それが免疫療法というものになります。人間の体は毎日数千個の細胞がガン化しているのですが、体の中にある様々な免疫細胞がそれらを排除しているため、ガンにはならずに済んでいます。免疫療法はこういった免疫の力を利用する治療法です。ワクチンを体内へ取り入れ、免疫細胞を活性化させます。このようにして治療を進めていくのですが、この一つの療法だけではガンを完全に排除することができない場合もあります。今現在では他の治療と合わせて用いられています。また、これからもこういった技術は上へと目標を持ちながら目指されているため、いずれはガンをすぐになくせる治療法となるのかもしれません。

免疫力の働きと免疫療法

私たちの体には誰でも免疫力という力を持っています。よく、小さな切り傷や微熱や喉の痛みなどの軽い風邪の症状は病院に行って治療を受けたり、薬を飲んだりしなくても自然と治っている場合が多いですよね。これは免疫力によって体内に浸入してきた細菌やウイルスなどの病原菌の働きが弱まり、結果自然治癒に繋がったという事です。この免疫力を利用した治療法に免疫療法というものがあり、がんの治療やアレルギーやアトピーなどの症状の改善など様々な治療に用いられています。免疫療法は患者さんが本来持っている免疫力を高めて治療していく方法なので、従来の治療によく使用される薬の投与や手術などの外からの力に頼る事がないので、患者さんの体に負担が少ないと言われています。その為、副作用などの症状もほとんど無いという大きなメリットがありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)